2020年のS&P500のEPS成長見通し

銘柄分析・市場分析
この記事は約1分で読めます。

2019年はほぼEPSゼロ成長となったS&P500ですが、2020年からようやくEPS成長が再開する見通しです。

上グラフはFactsetがアナリストのボトムアップ予想を集計したS&P500のEPS成長率予想です。

2019年は0%でしたが、2020年は9%のEPS成長が見込まれています。注意したいのは年始の予想は引き下げられることが多いのと、EPSが上がってもバリュエーションが下がれば株価としては儲からないということです。

こちらの記事に書いてますが、現在のバリュエーションはかなり高めです。

投資をする際はEPS成長率というファンダメンタルと、バリュエーションの両方を考慮しなくてはなりません。EPS成長率9%というのは、過去に比べても良い方です。一方バリュエーションは過去のなかでもかなり高いです。

長期で保有できれば多少高い時に買って損が出ても、持ち続けることで取り返すことが出来ますが、リセッションが恐らく5年以内には来るという状況では逃げられなくなる可能性があり、私は追加投資は様子見しています。

↓ Betmob参加しました

Betmob|投資家ブログまとめメディア


↓ランキング参加しました
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


銘柄分析・市場分析
えすの米国株投資・金融ブログ
タイトルとURLをコピーしました