ネット証券、売買手数料無料化の裏で値上げのシワ寄せも

この記事は約2分で読めます。

ネット証券は売買手数料無料化の流れですね。

よくツイートをよく目にするので、お得になったな~ほくほくと思いつつもなぜ無料に出来るのか気になったので知り合いにいくつか確認してみたんですが・・・

 

裏で別の手数料が値上げされてるみたいです。笑

 

例えば信用取引も売買手数料無料になったんですが、この信用取引で株を買うためにはお金を借りる必要があります。そしてその信用金利を大幅に上げることで売買手数料無料の分を補うようです。また逆に空売りする時には貸株料を払う必要がありますが、こちらも大幅値上げです。笑

 

ネットにも情報が落ちてないか探したところ既に下記のブログ様でまとめられていました。

auカブコム証券の信用取引手数料の無料化には要注意!金利・貸株料は大幅UPという落とし穴あり
auカブコム証券(旧カブドットコム証券)は「ベストプライス宣言!」を掲げ、2019年12月16日から信用取引の売買手数料を無料にします。 これは素 ...

f:id:shurrin:20191206195543p:plain

結構上がるやないかwww

ポジション長く取る人にはむしろ値上げなのでは?という感じです。

手数料無料に釣られて取引したら金利でがっぽり、飛んで火にいる夏の虫ってかw、冬だけど。

 

まあそもそも無料で出来ること自体おかしいのでどこかで回収する必要があるわけですが、管理できなくなるのでこっそりやるなと言いたいですね。

欧州ではMiFID2で手数料明瞭化に動いているのに、バレないところで取ればいいや的な不透明さを感じます。

 

米株現物やETFで見えないコストがかかるという話は聞いてませんが、米株は円で買うと自動で為替も取ってくれるので、為替レートにスプレッド乗せるとかいくらでも見えないコストを上げる手段はあるので注意しておきたいところです。

まあそもそも無料で出来るわけないんだから、隠して取られるよりは見えるところでやって欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました