skabu

銘柄分析・市場分析

ついに株価急落!コロナウイルスがきっかけに過ぎない理由と今後の見通し

数か月前から株価のバリュエーションが高すぎると警鐘を鳴らしてきましたがついに米国株式も急落しました。 私は以前下記4つの楽観が市場にあると述べていましたが、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて市場もそのリスクを織り込んだのだ...
銘柄分析・市場分析

超弱気派ファンドマネージャーが日本株へ投資

超弱気派のファンドマネージャーが日本株に投資しています。 記事によると、 MFSインベストメント・マネジメントのウィナー氏が運用するプルーデント・ウェルス・ファンドは現在4割を現金や債券といった安全資産に投資するほどの超弱気...
銘柄分析・市場分析

圧倒的成長率を背景にGAFAMのS&P500に占める利益シェアと時価総額シェアにギャップ

米国を代表するS&P500指数はわずか500銘柄程度で米国株式市場の8割程度を占めている指数ですが、なんとGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の5銘柄だけでそのS&P5...
銘柄分析・市場分析

米国がエアバスにかかる関税を15%に引き上げ

米国がEUから輸入する航空機にかかる関税を10%から15%に引き上げました。 これはもちろんエアバスを狙い撃ちにしたものです。 米国は2019年10月にエアバス製品にかかる関税を10%にしたばかりですが、それをさらに引き上げた...
銘柄分析・市場分析

新型コロナウイルスはインフレの芽を撒いている可能性

WSJに新型コロナウイルスの影響でインフレ加速の可能性という記事が上がっていました。 振り返れば景気後退というのはインフレ退治のためにFRBが金融引き締めに転換することが引き金となっており、現在のような経済成長しつつも低イン...
銘柄分析・市場分析

パウエルFRB議長、短期国債購入の縮小、金利据え置きを示唆

パウエルFRB議長が11日に議会証言を行いましたが、内容としては私が以前から認識しているものと違いはありませんでした。 すなわち、量的緩和もどきの縮小と金利の据え置きです。 まず量的緩和もどきについて、 「金融...
銘柄分析・市場分析

米国株式の年初来リターンは大型株優位の展開、強気相場の成熟を示唆か

2020年に入って1か月と少し経ちました。 米国株式はS&P500の米ドル建てリターンが+3.8%と一見堅調に見えますが、時価総額のサイズ順にブレイクダウンするとあまりよくない兆候が見られます。 年初来リタ...
銘柄分析・市場分析

ブラックロック、マイナス利回り債は危険、2020年のプラスリターン困難

資産運用会社最大手のブラックロックがマイナス利回りの債券は投資対象として危険だと警鐘を鳴らしました。 ブラックロックによるとマイナス利回りの資産が2020年にプラスのリターンを生み出すのは極めて難しいとのこと。財政・金融政策...
銘柄分析・市場分析

新型コロナウイルスで悪影響を受ける地域

新型コロナウイルスの影響は2003年のSARS発生の時より大きくなる見込みです。 下記グラフの様に既に感染者数はSARSをはるかに上回る3万5千人に到達しています。また国別では日本での感染者数も増えてきています。 ...
銘柄分析・市場分析

ISM製造業景気指数が急反発!米国製造業に明るい兆し

米国製造業に明るい兆しが見えたようです。 米国の2020年1月ISM製造業景気指数は50.9と景気拡大を示す50を2019年7月ぶりに超えました。 出所: 中身を見ると、新規受注が47.6→52.0、生産が44.8→...
銘柄分析・市場分析

ガンドラック氏「年内の利下げ確率は90%」

相場をやっている者としてはガンドラック氏のコメントは欠かせないですが、そのガンドラック氏が年内の米利下げ確率は90%との見方を示しました。 しかし元ツイートを見るとこの報道は正確ではなく、単に市場が織り込む利下げの確率が90...
銘柄分析・市場分析

ギリアドの抗エボラウイルス薬レムデシビルが新型コロナウイルスに効果あり!株価も大幅上昇!

感染拡大が止まらない新型コロナウイルスですが、ギリアド・サイエンシズ(ティッカー:GILD)のエボラ出血熱に使われるレムデシビルという抗ウイルス薬が効いたとの臨床結果が報じられました。 ギリアド(GILD)はHIVとC型肝炎に使われ...
銘柄分析・市場分析

ブラックストーンが国内不動産に3000億円投資、海外勢が日本の不動産に目をつける理由

ブラックストーンが国内不動産に3000億円投資するらしいです。 ブラックストーンはオルタナティブ投資に注力するアセットマネジメント会社で、最近急にぶいぶい言わしてきてる感じありますね。 こういうニュースがあるとブラック...
銘柄分析・市場分析

FRBの経済に対する認識はどのようなものか?FRB副議長へのインタビューから見えてくるもの

FRB(米連邦準備制度理事会)のクラリダ副議長がブルームバーグのインタービューで現状の景気に対する認識および金利の見通しを語りました。 記事によると、 米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は、中国での新型コ...
銘柄分析・市場分析

テスラがS&P500に組み入れられる!?ホルダー大喜びのその条件とは!?

テスラがS&P500に組み入れられるとの観測が出ています。 S&P500は一定の基準を満たした銘柄についてS&P500への組み入れを行っています。 テスラは株式の流動性、米国に本社があること、時...
金融リテラシー

テスラ2台を所有する投資家がテスラ株空売りで大損失

テスラの株価が連日爆謄し続け650ドルに到達しました。半年前には200ドルちょっとだったので、わずか半年の間に200%の上昇、株価は3倍になったことになります。 テスラの時価総額は1170億ドル(約12.6兆円)とな...
銘柄分析・市場分析

東京ディズニーランドが値上げ、大人は一人8200円

東京ディズニーランドがまた値上げしました。 大人料金は7500円→8200円 中・高校生は6500円→6900円 幼児・小学生は4900円で据え置き ディズニーシーも同じだそうです。 ディズニーランド...
銘柄分析・市場分析

2020年1月FOMC結果、FRBは5bpsの利上げ

FOMCの結果が発表されました。 FFレート目標は1.5-1.75%で据え置き、バランスシート拡大はとりあえず延長、今後の利下げ方針やバランスシート拡大方針については明確にせず、と概ね事前予想通りの結果となりました。 一つサプ...
銘柄分析・市場分析

2020年1月FOMCプレビュー

本日1月28日と明日29日にかけてFOMC(連邦公開市場委員会)が開催されます。 FOMCでは米国の政策金利であるFFレートが決定され、そのほかFRBのバランスシート政策や金利見通しであるドットチャートなどが発表されます。 F...
国際政治・経済

イギリスのEU離脱確定で景気見通しを表すPMIが急上昇

イギリスのPMI(購買担当者景気指数)が急上昇しました。 製造業PMIは12月47.5→1月49.8、サービス業PMIは12月50.0→1月52.9、総合指数は12月49.3→1月52.4となりました。 PMIはPur...
銘柄分析・市場分析

鉄道貨物輸送会社の決算資料で見る鉱工業動向

決算シーズンはまだまだ序盤ですが、いくつかの銘柄で米国の鉱工業の生産動向が分かる決算プレゼンテーション資料が出てきたので紹介したいと思います。 鉱工業とは鉱業&工業のことで、資源やモノの生産など、サービスとは違い目に見える生産活動全...
金融リテラシー

ETFの手数料値下げ競争データ

最近投資信託やETFの手数料値下げ競争が凄いですね~ということで、業界全体でどれくらいの動きがあったのかまとめてみます。 まず上のグラフは 2018年~2019年 のETFの経費率の変化を資産額(AUM:Asset ...
銘柄分析・市場分析

IBMが決算で株価上昇!レッドハット買収は先見の明ありか!?

色々ブログの書き方を試す中で今日はテンション上げていきたいと思います! IBMの決算は予想をビート!株価は+3.3%上昇しました! 売上、EPS共に予想を小幅ビートしましたが、内容としてはクラウド&データプラットフォー...
タイトルとURLをコピーしました