アーティスティック・インベストメント・ストラテジー

サラリーマン投資家が知るべき米国株式投資、最新ファンダメンタルズ情報、国際政治、資本家マインドなど




原油価格の基本的な見方

原油価格は相場に結構影響を与えるのですが、個人投資家ではなかなかとっつきにくいと思いますので基本的な見方について書きたいと思います。 昔は原油価格が下がれば米国人にとっては可処分所得が上昇してプラスに働くと言われていましたが、既に世界最大の…

株価暴落がサラリーマン投資家の長期リターンを押し上げる

株価が下落すると多くの個人投資家は不安になってしまいます。 しかし、長期投資家、それもサラリーマン投資家のような少しずつ買い増しを行う投資家が暴落に対して持つべきマインド、それは「喜び」です。 私は株に限らず何か買い物をする時は「下がれ~、…

なぜ日本は円高・デフレ・不況になるのか、本当の原因とその処方箋:内需拡大によって米国とWin-Winになることを望む

前回の記事『米国が円高ドル安を望む瞬間:財政赤字とインフレに対する危機認識の変化点』で、米国にとり為替とは結果ではなく手段であるという事を書きました。 今回は通貨(それも金とリンクされておらず、しかもいくらでも発行できるという魔法のような通…

米国が円高ドル安を望む瞬間:財政赤字とインフレに対する危機認識の変化点

米国には円高ドル安を望む瞬間というものがあります。 為替は結果ではなく手段 まず知っておくべきことは、米国にとって為替とは手段であり結果ではないということです。 為替が動く要因としてよく上げられるのが、金利、実質金利差、経常収支、財政収支、マ…

高過ぎる賃金上昇率が株価にマイナスの影響を与える理由

高すぎる賃金上昇率は株価に悪影響を与えます。 企業が儲かり、給料が上がり、上がった給料で従業員が消費を増やし、また企業が儲かる、このようなサイクルが続くことが経済成長にとって重要ですが、往々にして企業が儲かるタイミングと賃金が上昇するタイミ…

金利1%上昇で株価は何%下がるのか?

皆さんは金利が1%上昇したら株価は何%下がるのか考えたことはありますでしょうか。 多少数学遊びにはなりますが、今回はそれを計算してみたいと思います。 漠然とした金利上昇への恐怖感を抱くよりも、ある程度インパクトを計算しておくと物事に冷静に対処…

若者は債券などに分散投資せず株式に集中投資がベスト、投資期間でリスク水準を管理するという考え方

皆さんはどれくらいの割合を債券に投資しているでしょうか? 恐らく当ブログを読みに来ていただける方は2,30代のサラリーマンが多いのではないかと思い、それくらいの若い方は株式に集中投資した方が良いですよという話をします。 分散投資するとリスク…

PERからEPS成長率の織り込みを見る方法

// この記事は「PERは割高割安という意味ではない」の続きです。 上記事では、 ・PERに割高割安という意味はない ・PERはマーケットが織り込むEPS成長率予想を知るために使う ・割高割安は織り込まれたEPS成長率予想を会社が超えれるか判断しないといけない …

PERは割高割安という意味ではない

// 今日はPER(Price to Earnings Ratio)について書きます。 皆さんPERはご存知かと思いますが、この指標だけで割高割安と判断するのは惜しいですが間違っています。 もしそのように使っているならFANNGに代表されるフェイスブック、アマゾン、ネットフリッ…

株に投資すると何%儲かるか知っているか

株に投資するといくら儲かるか知ってますか? 恐らく知らないか、そんなの株によるのでわからないと考えると思います。 しかし、投資をするのであれば株の期待リターンは知っておいた方が良いです。株に投資するといくら儲かるのかは理論的に決まっているの…